【保存版】西表島の楽しみ方過ごし方ツアーの選び方~仲間川マングローブクルーズ・由布島からツアー観光まで/お薦めのツアー~

西表島観光の見どころを楽しみ方別にまとめてご紹介!幼児も楽しめる定番スポットから自然の中でリフレッシュできる絶景スポットまで、家族旅行から一人旅で外せない観光スポット・遊び場をご紹介!有名な定番スポットも穴場スポットも!

出典:西表島観光案内所

 

作成:南海西表


西表島(いりおもてじま)は、沖縄県八重山郡竹富町に属する八重山列島の島である。同列島で最大の面積の島である。

目次

 

1、西表島の概要

2、遊び方

 2‐1、ツアー

  2‐1‐1、観光バスツアー

  2‐1‐2、アクティビティツアー

 2‐2、レンタカー

 2‐3、路線バス

 2‐4、タクシー

3、3歳以下の幼児が楽しめるところ

 3‐1、仲間川マングローブクルーズ

 3‐2、由布島

 3‐3、森の中で遊ぶ

4、5歳以下の幼児が楽しめるところ

 4‐1、飛び込んで遊ぶ

 4‐2、滝で遊ぶ

5、6歳以上の小学生が楽しめるところ

 5‐1、飛び込んで遊ぶ

 5‐2、滝で遊ぶ

6、西表島の夜を楽しめるところ


西表島の概要


面積289.61km²、周囲130.0kmの島で、面積は日本で第12位(本州・北海道・九州・四国を除く)、沖縄県内では沖縄本島に次いで第2位である。2018年4月の竹富町地区別人口動態票に基づく人口は2,441人、世帯数1,356。

 

山がちで平地に乏しく、山や森林が海岸線まで迫っている。人の居住地はその海岸沿いの僅かな平地に限られる。400m以上の琉球諸島全体でも屈指の標高を誇る山々をはじめ、島全体が多くの山で島全体が覆われているが、中央ほど標高が高いわけではなく、遠方から見た島影は台形に近い。

 

川が多く、島の外側が急斜面であることから滝が多く、観光地となっている有名な滝ばかりではなく、ひと気の少ない西表島らしい滝も多く、森と水と滝でリフレッシュできるトレッキングの島である。

遊び方


ツアー

大きく分けて、観光バスツアーとアクティビティツアーに分かれる。

 

観光バスツアー

観光バスツアーも大きく2つに分けられる。JTBや阪急交通社などの旅行社によるツアーと個人で参加するツアーである。前者の利用者はシニア層が多い。添乗員がいるので安心な反面、今どの島に居るのか判らないというほど慌ただしいこともある。後者は、平田観光安栄観光石垣島トラベルセンター八重山観光フェリー石垣島ドリーム観光などの現地旅行社がたくさんのコースを用意している。ホテルのツアーデスクでも扱っており、当日でも石垣港の中にある上記旅行社で購入できるのでノープランの旅行者も安心である。

 

石垣島から西表島と竹富島を回るコースを例にしてみよう。指定の時間に石垣港に集まり、チケットを受け取ったら、船に乗って西表島大原港へ。大原港にて現地業者から説明を聞き、仲間川マングローブクルーズへ。船長がマングローブのガイドを楽しくしてくれる。その後、観光バスに乗って由布島へ。この車内でも運転手が楽しくガイドをしてくれる。由布島では自由行動で、ツアーによっては由布島のレストランで昼食となる。指定の時間の水牛車に乗って西表島に戻り、バスに乗って大原港へ。船に乗って竹富島へ。それぞれの観光をして、石垣島へ戻るという流れである。

例からも判るように、行く先々で予約が取られていて個別に手配する必要がなく、かつ移動手段に気を取られることなく、仲間川マングローブクルーズと由布島観光という西表島の2大観光スポットを待ち時間少なく回ることが出来る。反面、同じ行程のグループと一緒の団体として扱われ、個人としての自由はない。また、石垣島などからの日帰りとなると通過型のマスツーリズムであり、地図を見てもお判りのように西表島のほんの一部の観光であり、これをもって西表島観光の全てと考えると大きな誤りである。

 

アクティビティツアー

一方、アクティブツアーは数多く、西表島の海・川・森の大部分を網羅している。海を専門とするダイビングショップ、シュノーケルショップ、海のシーカヤック(カヌー)ショップ、川のリバーカヤック(カヌー)ショップ、森のトレッキングショップなどがあるが、境界を超えて活動しているショップも多く明確な線引きは難しい。

 

2018年4月現在、西表島には大小130以上のアクティビティツアーショップがあるが、ショップの多くはオーナーガイド1人の零細ショップで、数人のガイドを雇っている中規模のショップ、そして多くのガイドを雇っている大規模ショップと分かれている。どのショップが良いかの判断は難しいが、クチコミなどが参考になるだろう。ガイドと過ごす時間が長く、ガイドとの相性が印象を大きく左右する。

 

レンタカー

西表島にレンタカー会社は30社ほどあり、多くは大原港周辺と上原港周辺に事務所を構えている。大手のレンタカー会社もあるが、多くは小規模ショップである。レンタカー観光は自由で、比較的安価に観光できるが、反面、慣れない道での観光であり、運転手が楽しめなかったり、事故との危険が隣り合わせである。観光地化されていない西表島では、ガイドブックとナビだけが頼りであり、2大観光スポットを回りながらドライブするだけであるならば、ガイド付きのバス観光や島在住の生の声が聴けるアクティビティツアーの方が印象深い旅になるだろう。もう一歩進んで、アクティビティツアーに参加されるのであれば、多くのショップが送迎付きの事を考えると、組合わせ次第ではレンタカーが不要となる。

 

路線バス

日本最南端・日本最西端の路線バスが1日4便走っている。運行会社は西表島交通。道路の起点・豊原から道路の終点・白浜まで網羅している。前乗り前払い。

 

タクシー

島内にあるタクシーは数台である。流しのタクシーはなく、タクシー乗り場もない。大原港側にタクシー会社が2社あり、昼間のみの運行である。賃走の予約は受けておらず、電話で呼ぶというスタイルである。

3歳以下の幼児が楽しめるところ


仲間川マングローブクルーズの船内
仲間川マングローブクルーズの船内

仲間川マングローブクルーズ

日本最大のマングローブ林を船でお手軽に遊覧でき、船長兼ガイドが楽しく解説してくれる。大人1,800円、小学生900円、幼児無料。お値段以上に価値があると人気である。

 

仲間川自体が浅いため、海の干満の影響で干上がる時間には運航していない。よって、大潮の日は午前中で運航が終ったり、時間によって折り返し地点が違ったりする。出航時間は潮によって日々変わるので、時刻表(運航予定表)の確認が必要である。運航会社は以下の2社があり、通常仲間川マングローブクルーズといえば、東部交通を指す。マリンレジャー金盛は、仲間川遊覧と呼んでいる。体験記はこちら。

由布島の水牛車渡し
由布島の水牛車渡し

由布島

由布島は八重山諸島の1つで、総面積0,15km²、周囲2kmの小さな島である。西表島との間の浅瀬を水牛車で渡り、その水牛車の中でガイドが三線で沖縄民謡を聞かせてくれる、今や八重山を代表する有名な観光地である。島自体は亜熱帯植物園となっている。大人1,720円、小学生860円、幼児無料。島の大部分が株式会社由布島の所有地で、水牛車を使わず徒歩で浅瀬を渡って由布島に上陸しても亜熱帯植物園への入園料は必要である。

5歳以下の幼児が楽しめるところ


仲間川マングローブクルーズや由布島で楽しめることはもちろんですが、自然の中に入って行っても楽しめる年齢である。また、半日のアクティビティツアーとそれら2大観光スポットを組み合わせると身体にも楽な安心な1日となる。

6歳以上の小学生が楽しめるところ


6歳以上になると環境省の西表野生生物保護センターも楽しめるだろう。当施設は、イリオモテヤマネコの保護活動の拠点であるばかりでなく資料館を兼ねているため、島の入門施設としては秀逸である。ただ、バス停から徒歩15分の位置にあり、計画性は必要である。(開館日・開館時間に注意、無料)

飛び込んで遊ぶ

 

最近の西表島でのトレンドは、「キャニオニング」である。ライフジャケット1枚での川下りである。川途中の崖から川に飛び込むことが出来る場所もある(飛び込みが苦手な人は飛び込まなくても先に進めるエスケープルートがある)。

 

沖縄県で手軽にキャニオニングが出来るのは西表島の大見謝川である。日本各地でキャニオニングは行われているが、西表島以外のキャニオニングはロープやハーネスを使用して懸垂下降などもやりながらの急流滑り・高所からの飛び込みがつきものだが、西表島のそれはだいぶソフトな初心者向けである。飛び込む高さも最高3mほど、それも飛び込まなくても先には進めるのである。

 

淡水はそれ自体が身体が楽で、ライフジャケットをしているので必ず浮くので泳げない人でも安心である。陽射しもあまり気にならない森の中・狭い川であり、 日焼けの心配も少ない。むしろ、水質保護のために日焼け止めは付けない方がよいだろう。青い空・白い雲・緑の亜熱帯植物を観ながらプカプカ浮かんで川を漂うのは、癒しを求める女性に大好評である。

 

午前コースと午後コースをご用意しているので、都合に合わせやすい。1日コースに参加すれば、より西表島を楽しめるだろう。集落の食事処で昼休憩なので、安全な食事と清潔なお手洗いが用意されている。

子供は水の子。キャニオニングではしゃぎまくり!
子供は水の子。キャニオニングではしゃぎまくり!
飛び込みも楽しい!
飛び込みも楽しい!
飛び込まなくても楽しい!
飛び込まなくても楽しい!
癒されること間違いなし!
癒されること間違いなし!

西表島の夜を楽しめるところ


星空のシャワー!
星空のシャワー!
星の多いオリオン座
星の多いオリオン座
ヤエヤマヒメボタル
ヤエヤマヒメボタル
星空でリフレッシュ&リトリート!
星空でリフレッシュ&リトリート!

西表島に運よくお泊りになった方は、日本で初めて星空保護区になった西表島の星空を楽しむことが出来るだろう。街灯が少ないので宿からでも星空を眺めることが出来るが、星空ナイトツアーに参加するとより一層リラックスできることだろう。

 

西表島の夜は、5月から10月が綺麗に見える。晴天率が高いのである。また、月夜の場合は星だけでなく月光浴も楽しめるのである。月光浴も楽しみたい方は旧暦の6日から16日頃を狙うと良いだろう。

2月下旬から4月中旬はヤエヤマヒメボタルも観に日没直後のスタート。6月下旬から7月中旬はサガリバナも探勝しながらの星空ナイトツアーです。


コメント: 12
  • #12

    motti西表島 (月曜日, 30 9月 2019 16:47)

    ひーちゃん 様、コメントありがとうございます。
    難しい漢字ですね、入力誤りではなく、「まとめる(纏める)」でよろしいでしょうか?
     
    どこまでをまとめるかが難しいですが(笑)、mottiがお薦めするのは、10/3と10/4に開催する「滝トレッキング&キャニオニング」。ホームページを見ていただき、興味があればご連絡ください。他には、仲間川マングローブクルーズと由布島と、滝トレッキングかキャニオニングをまとめたコースを、西表島観光センターが販売しています(https://www.iriomote.com/web/tour/)。

    詳細は、以下にご連絡ください。
    info@motti-iriomotejim.com

  • #11

    ひーちゃん (月曜日, 30 9月 2019 13:46)

    来月3日から6日まで西表島にダイビングしに行きますが、どの日か1日だけ纏めてツアーって有りますか?

  • #10

    motti西表島 (水曜日, 17 7月 2019 21:38)

    yuumi  様、コメントありがとうございます。
    お子様とご一緒であれば、クーラの滝トレッキングコースとキャニオニングコースの組合せがお薦めです。石垣島は泊まるところも食べるところもたくさんありますが、西表島は鳥や虫の声と星空しかないところです。ご検討ください。

  • #9

    yuumi (火曜日, 16 7月 2019 05:04)

    こんにちは。
    子供を連れて西表島で一日遊べるところを探しています。子連れだとどこが楽しいでしょうか?また、西表島で泊まるか、小浜島や石垣島で泊まるかも悩んでいます。また、石垣島から西表島に行く場合、大原港と上原港のどちらに行くのがいいでしょうか?

  • #8

    motti西表島 (木曜日, 13 6月 2019)

    よっしい 様、コメントありがとうございます。
     
    マングローブはカヌーで行きたいですか?歩いて行きたいですか?その点で業界が変わります。そして、希望日はいつでしょうか?よろしければ、上記の「お問い合わせ」から、メールかLINEでご連絡ください。

  • #7

    よっしい (木曜日, 13 6月 2019 00:07)

    ホテルからの送迎希望します。
    5歳のアクティブ娘1人と大人二人です。上原港近くの宿です。
    マングローブ、水牛、星砂に優しくて面白いガイドさんに案内してもらいながら行きたいのですが、ありますか?
    また料金も教えて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

  • #6

    motti西表島 (水曜日, 29 5月 2019 08:29)

    KOBAYASHI 様、コメントありがとうございます。
     
    大原港側の西表島東部地区限定ですので、そちらの宿をぜひご利用ください。
    イリオモテヤマネコや夜行性動物の交通事故防止のためにも、送迎範囲は限定させていただいています。
    東部地区の具体的な宿は、星空ナイトツアーのコース紹介でも記載していますのでご参照ください。

  • #5

    KOBAYASHI (火曜日, 28 5月 2019 16:46)

    星空保護区に認定されたという西表島の星空を見に行きたいのですが、送迎範囲を教えてください。

  • #4

    motti西表島 (土曜日, 02 6月 2018 22:49)

    栗原 様、コメントありがとうございます。

    月夜にはいろいろありますが、ナイトツアーの時間中(20:00~22:00)に星空観察を邪魔するという意味での月夜は、旧暦6日から16日あたりです。新暦を旧暦に変換するには、併記のカレンダーまたは各種サイトをご覧ください。なお、月光浴も楽しめますし、都会とは違う月の見え方がしますので、月夜も星空ナイトツアーは催行しております。

  • #3

    motti西表島 (土曜日, 02 6月 2018 22:40)

    ななしのごんべぇ様、コメントありがとうございました。

    仲間川マングローブクルーズの出航時間に関してですが、仲間川はそもそも浅いという前提でお考え下さい。水深が浅くなる干潮時間は、川底が見えます。大潮の干潮時は特にです。ですので、干潮時(最干潮時間の前後数時間)はボートが走ることが出来ません。例え走ることが出来ても、上流域に行けば行くほど浅くなるので危険が伴いますし、時間もかかります。そして、この干潮時間・満潮時間というのが月の引力の影響ですので、約50分ほど毎日変わり、ボートが走れる時間帯というのも毎日変わります。

    仲間川マングローブクルーズは小学生でも十分楽しめると思います。何よりも景色が映画の世界・非日常ですから。高学年であれば、ガイドの話も充分楽しめると思います。

  • #2

    栗原 (土曜日, 02 6月 2018 17:07)

    ナイトツアーに興味がありますが、
    いつが月夜でしょうか?

  • #1

    ななしのごんべぇ (土曜日, 02 6月 2018 17:03)

    西表島観光の参考になりました。
    質問ですが、仲間川マングローブクルーズの出航時間が潮によって日々変わるということはどういうことでしょうか?また、小学生でも楽しめそうでしょうか?